快適マタニティライフを!知っておきたい妊娠線のこと

快適マタニティライフを!知っておきたい妊娠線のこと

妊娠線っていったい何?

妊娠を経験しなければ聞きなれない言葉の「妊娠線」。妊娠線とは、妊娠中にお腹やバスト、太もも、腕、お尻などにできてしまう真皮の断裂跡のことです。特に妊娠中期から妊娠後期に入ると、急激にお腹やバストが大きくなります。皮膚も急速に伸びてしまうため、皮膚の下の真皮がその伸びのスピードについていけずに断裂してしまうのです。妊娠中期以降の妊婦さんの下腹の方に、青紫色の筋ができてしまうとそれが妊娠線です。妊娠中はホルモンバランスの影響でも、真皮の断裂が起こりやすくなってしまうのです。

妊娠線はどうやって防ぐの?

妊娠線ができてしまうかは人それぞれ。きちんとケアしていてもできてしまう人もいれば、なにもしていなくても妊娠線ができなかったという人もいます。一番の予防は「保湿」です。妊娠線専用のクリームや、産後も使用できるクリームが販売されているので、それを全身に塗ってきちんと保湿をするのがおすすめ!しかし、妊娠初期は肌が敏感になったり、クリームの匂いが気になったるする方も…。いつも使用しているボディクリームがあるなら、まずは慣れている保湿クリームで試してみるのが安心です。

食べすぎ注意!体重管理も気を付けたい

安定期の妊娠5か月に入ると、つわりの症状もほとんどの方が落ち着いてきます。同時に、お腹が急激に目立ち始めるのが妊娠5か月!つわりの症状が治まったので、食べたいものが食べられる!と喜ぶ妊婦さんも多いですが、食べすぎには注意!急激な体重変化によって、妊娠線ができやすくなってしまうのです。バランスの良い食事を心がけて、体重管理をきちんと行いましょう。お腹の大きさが目立つようになってきたら、マタニティ用のサポート下着をつけることもおすすめです。

妊娠してお腹が大きくなってくると、どうしても気になるのが妊娠線です。あらかじめ、妊娠線のクリームを塗ることで防ぐことが可能です。